ハコ替え(いわゆる筐体換装)

本日雨天の為、野良仕事がまったく出来ず晴耕雨読がてらPCの筐体換装
をする事にした。

今回の筐体はいわゆるキューブPCと呼ばれる物でshuttleの製品である。
アルミ筐体で軽くちょっと軽いので良かったのだがM/Bがコンデンサ
お漏らしにてご臨終したものだ。

M/BはいわゆるMini-ITXと言うことで見比べてみるとサイズ的には問題は無い
がバックパネルがM/B専用に打ち抜き加工されており新M/Bでは装着できず。
M/Bは以下の通り
旧M/B→shuttle FV-25(with celelon1.4GHz)

新M/B→GIGABYTE E350N-USB3(with AMD Dual-Core E-350)

見てもらえれば判ると思うが打ち抜き部分を切り取る必要があるが
M/B付属のバックパネル用にくり抜くスペースが無く必要最低限で切る事
にした。

切る道具としては農機具修理用のベビーサンダーとヤスリで仕上げとした
(切断作業の画像は割愛)

 無事くり抜きが終わりM/Bを換装をしてみると、道具が道具だけに仕上げ
は荒くなったが何とか様になった

あとは各配線のすり合わせだが、付属の電源は20PinのATX電源なので新M/B
の24PinのATX仕様にあわせる必要があり、玄人志向のATX-EPS(20→24変換ケーブル)
のご厄介になる。

HDDもこのご時勢SATA主流なのでSATA用電源コネクタを使用する様変更
ここで気がついたのだがメモリ(DDR3モノ)とHDDの手持ちが無く作業はここで
終了。

出来ればPCI-Express→PCI変換ボードも欲しい所だが…
詳細は内緒と言う事で。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>