未踏の領域(その3、五里霧中)

6月頃から懸案のNVR500用F/W(Rev.11.00.16)がやっと公開になったので格闘する事とした。

先日、某氏よりヤマハのMLで多数接続出来たとの事例が上がっており催促されたと言うのが本音だが 何しろIPv6自体触るのは初めてなので戦々恐々なのだが毎度のGoogle親父に尋ねると出て はくるのだが   同機にて接続できたと言う情報はまだのようだ。

まずv6接続前の状態をコマンドプロンプトで確認すると以下の通りで
リンクローカルアドレスはすでに降りて来ており表示されている。

当方の契約はOCN IPv6トンネル接続サービスなのでPPPoEはlan2、v6のトンネル出口はlan1として設定を始める。
これらの設定はGUI画面ではやりにくいので適宜コマンド投入をしてみる…

まずは下記コマンドでISP指定アドレスのプレフィックスを投入

ipv6 routing on
ipv6 lan1 address {ISP指定のアドレス}::/64
ipv6 lan1 prefix {ISP指定のアドレス}::/64

次にトンネル接続の設定を投入(tunnel select 1はVPNが有る為、明示的にtunnel select 2に設定)

tunnel select 2
tunnel endpoint address {こちらの固定IP} {ISP指定の終端IP}
tunnel enable 2

設定投入後に接続できるようになり、コマンド画面でもこちらに割り当てされたv6アドレスが見えて来た、早速KAMEプロジェクトのHPにアクセスすると表示はした。

問題は次のモザイク無しの亀が見えればOKだがクリックするとこの様な画面が出てきてうまく行かない

別のアプローチで試すが最終的にはv6でのトンネル接続はうまく行かず、もう少し調べてから再トライとなった。

このF/Wだがさる11月4日にDNS周りの不都合にて急遽公開停止になったんだが何か関連があるのか???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>