追憶(兵共が夢の跡)

今回、ある案件で長崎方面を旅したがいろいろな所に
立ち寄りいろんな物を見聞きした。

その時にデジカメ持参し撮影を敢行したので公開する。

まずは諫早の河口堰、遠くには雲仙普賢岳が見える
その反対側、この先にはあの有名な水門がある
なおここは全長7kmあり出口付近ではネズミ捕りをしていた
次は祖父の命日が近いのでお参りすることとし、佐世保海軍墓地
に参拝、花と日本酒を供える。
これは海軍墓地頂上付近から佐世保湾を見た際撮影。
ここは予定外だが現場に向かう道すがら小串に立ち寄った際撮影
碑文には書いているが旧海軍の特攻隊基地の跡との事。
ここの慰霊碑には線香立ての隣に煙草立てがあり、煙草をお供えする

これが何分の一かの模型だが、実物はベニヤ板のボートに250kg爆弾を搭載し
敵に体当たりする戦法と言う事で生き残った者は少ないと聞く。
岸壁の近くには当時のコンクリート建造物が今も残る。
次に重要無形文化財の有田焼・酒井田柿右衛門の窯があり
館内には600万の壷とか、500万の大皿とかがあったが所詮縁が無いので割愛
次には国内には珍しいコーヒー栽培園に立ち寄り、豆の実物を撮影

最後に長崎市内の寺院(崇福寺)を見学、中国様式の寺院としては日本最古
と言う事だが時間が遅かった為、拝観は出来ず。
近くにさだまさしの喫茶店があったがこれも撮影できず。
ちなみにお約束だがご当地物はこの通り頂いた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>