二百十日(お約束)

暑さが通り過ぎたと思ったが今朝から台風12号の余波か
雨が降ってきており
昼ごろに子供の学校から相次いで警戒の為、早めの帰宅を
させると言うことでお迎えをお願いしたいと電話がある。

早速迎えがてらにデジカメを持ち軽トラで出かけると、駅の駐輪
場では自転車が突風の為倒れており、積み込む際に往生した。

それをピストン輸送で行うとさすがにびしょ濡れになりいささか寒い

川は氾濫手前だし、明日はどうなることやら?

———————————————————————————————————

22時現在

県の砂防情報システムによると今現在の土砂災害警戒
レベルは以下のようになり洒落にならん状態で推移中

日本の夏(暑さ対策)

そろそろ暑さが尋常ではなくなり、なおかつ我が家のネットワーク機器設置場所が常時30度オーバー になるので猛暑対策の一環として冷却ファンの設置を試みた。

と、言ってもUSB扇風機を設置しただけだが、若干風量があるためVer1とした

本来の用途ではないが電源はNASのUSBポートから給電

Ver2はPC用12センチファンをアルミアングルにタップ立てをし取り付けた物を考案中だが予定は未定

この部屋にエアコン付ければいいだけの話だが、巷では扇風機が売れてる現状ではやはりエコと言う事であろう。

酔狂(似非SSD)

かねてから懸案の、2月に日本橋で捕獲してきたThinkPad X40の似非SSD化に着手
を行ってみた。

なぜならX40自身通常の2.5インチHDDが搭載できず(1.8インチの特殊形状物)
代わりにOSブート出来るものがないか調べて見て機器構成は画像にあるように
以下の通りで試して見た。

当初MicroSDでのOSブートにトライしたがなぜかBIOS上から認識せず。

TFTEC 変換名人 型番 SDHC-M44A+ノーブランドSDHC16G

今回はMicroSDに代わりCFカードでの構成にしてみた。

玄人志向 型番 KRHK-CF2.5IDE+SILICON POWER CF 16G(200X)

交換後、USB接続のドライブにXPのインストールDISKでブートして見ると今までの
事がうその様にインストールが始まった。

素のXPを起動して見ての感想だが、初期のSSDと同様プチフリーズが起こり動作が緩慢
になる事意外は、CFカードも容量があればブートデバイスもありと言う事を確認。

しかし「ようこそ」画面までであればHDDに比べて鬼の様に早かったなあ。

雷(備えあれば憂いなし)

先ほどから阿讃山脈で雷が鳴っているが、ふと思うことがあり我が地域で利用できるものがないか調べてみると
以下のサービスがある事を発見。

雷さんだー
http://thunder.stnet.co.jp/raiinfo/

ただ難点としてネット接続の無料サービスではリアルタイムの情報が追えない
事である、改善してほしいものだ。

未踏の領域(その2、苦闘)

本日、OCNよりIPv6接続サービスの書類が届き早速設定にチャレンジする事となった
光電話の方はHGWに制御を任せNVR500はネット接続+某所ホットライン様に変更
し、判っていた事だがいざ設定をしてみるとF/W(Rev.11.00.13)では対応出来ない部分がある。

①まずIPv6アドレスのプレフィックスを手動で入力する場合/64までしか入力できない
事が判明。(/48の様な大きな範囲が指定できない)
②トンネル接続の項目で相手側トンネル終端アドレスと自分側トンネル終端アドレス
を書類どうりに入力しても光電話網(NGN網)のv6アドレスしか降りてこない、結果
IPv6のネット網に到達しない、いわゆるマルチプレフィックス問題が起こる

対応F/Wを待つしかないのかなあ…

6/20 本日YAMAHAよりメールの返事あり、以下の内容となる。

—————————————————————————————————–

NGN網のIPv6トンネル方式につきましては、現在、弊社技術部門にて、
検証中となっております。
下記弊社HPにて発表させて頂きましたとおり、ファームウェアにて
対応予定ではございますが、対応時期について申し上げられる状況には
ございません。
申し訳ございませんが、何卒ご理解、ご了承頂けますでしょうか。

※NVR500につきましても、NGN網のIPv6トンネル方式に対応予定でございます。
—————————————————————————————————-

この返事だとF/W作成に時間が掛かる模様、もう少し待つ必要あり…か

未踏の領域(IPv6)

先駆け(人柱決定?)編で予告した通りIPv6のPPPoE接続サービスの申し込みをし
6/16に開通と言う連絡をもらったが我が家のルーターの対応ファームを手に入れるべく
Interop Tokyo 2011編で展示ブースで直談判して意思を伝え本日ヤマハにお願いメールをしてみた。

結果はいかに…

今回の実験の目標はモザイクなしの亀を見る事。

http://www.kame.net/

回線途絶(局内工事)

本日、某氏とホットラインで話をして終わりネットをしようとした所接続できなくなって
しまった。
ルーターはピコピコ鳴るはログ見ると00:05からAuthentication failedが出てるはで
何が何やら判らず。
気にはなっていたが午前中NTTの方がHGWのランプ表示の解説をした早見表の様な物を置いて帰ったと家のものが行っていたがわけわかめ
ONUは正常に稼動してる様なので局舎で何かやっているのか???
仕方が無いので風呂に入ってると通信断がうその様に止まり回線復旧。
工事情報のHPを見ると下記の告知があった

http://www.ip-nw.com/nwc/next/kagawa/sentaku_ngnnw_kagawa.html

しかし告知では30分程度と記載があったが実際復旧時刻は00:46になっている、
おそらくあらかじめ時間がかかるのを見越して説明に回っていたのかも?

しかしこんな山奥にお越し頂き、お心使い痛み入ります…と言っておこう。

地回り浪人、江戸へ行く(その2 Interop Tokyo 2011)

今回、初参加のInterop Tokyo 2011だが各種カンファレンスを行う会場はここ

まずNTTドコモの方の講演を聴き、展示会場に向かう

早速、目に付いたのは GE-PON設備機器である

局舎、集線局に設置するOLTと、対向する様設置する機器としてCATV業者が光による映像配信する為のV-ONUとネット接続用のD-ONU

の展示があり見ながら思うことは、このV-ONUどこかで見た事あるような…

そうこうしてるうちに会場の至る所にラックが設置されている事に気がついた、これは期間中に稼動するよう構築されたShowNetなるネットワーク

と言う事で会場内に無線APがたくさん配備されSSIDは「show_net-mesh」で暗号化の何もかかっておらず誰でも接続できる状態にあった。

さすがにセキュリティを担保出来ず生パケットで接続するわけにも行かないので今回はおあずけとなった。

 

次に向かったのはヤマハのブースで参考出品のコードネーム「G3」と言われるRT107eの後継機の展示があり、去年の展示の「X-10」は現在NVR500として

市場に出ており、今年の終わりか来年にRT110e?として発売されるのかもしれない。(実はjunkでRT105を持ってるのだがWAN側10Mでは使い物にならず)

実はここのブースに用時があり立ち寄ったのだが、前回ブログで我が家の回線(フレッツ光ネクスト)でNGN網でのIPv6トンネルPPPoE接続実験をするためISPに申し込んだが我が家のルーター( NVR500)では対応F/Wが出ておらずどのような状況か聴くためであった。

担当さんと話をすると現在社内で検証中との事で、RTX1200とNVR500は 対応F/Wを発表予定との事でせめてα版のF/Wを出せないか某氏とともに直談判をしてみた、するとサポートに問い合わせるとα版のF/Wを出せるかもと言うお返事を頂き問い合わせ予定。

次に今年の目玉の一つにスマートグリッド があり、かつては電力会社で研究が続けられていた経緯があり、実際物として見た事がなかったのだがグリーンハウスの

ブースで出品されていたので見る事にした。

スマートグリッド対応のOAタップがありそれぞれ電球が接続されておりタップに接続のLANケーブルで無線APより無線接続されたiPadにて電球の電力消費量のモニタリングする仕様のようだ

その他展示会場は盛況だったが某氏いわく例年より少ないと言う事だが最終公演であの人も出てきてなかなか有意義な Interop Tokyo 2011であった。

 

帰りの夜行バス乗り場は東京ディズニーランドと言う事でむさいおっさん2人で待つ事になり江戸を後にする事なった(実際千葉なんだけど…)

 

 

もののふとは、生きる覚悟をする者なり